出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. まんなかの道。土地の中央、山の中腹などを通る道。「中道を通って下山する」

  1. 二つのものの間の道。

    1. 「思はずに井手の―隔つともいはでぞ恋ふる山吹の花」〈・真木柱〉