出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「ながあめ」の音変化》長く降りつづく雨。和歌では多く「眺め」と掛けて用いる。

「つれづれと―ふる日は青柳のいとどうき世にみだれてぞふる」〈紫式部集