出典:デジタル大辞泉(小学館)

[形動ナリ]物思いに沈みながら見やることの多いさま。
  • 「ただならず―なり」〈・空蝉〉