なかやま‐でら【中山寺】例文一覧 1件

  1. ・・・花火そのものは第二段として、あの安っぽい絵具で赤や紫や黄や青や、さまざまの縞模様を持った花火の束、中山寺の星下り、花合戦、枯れすすき。それから鼠花火というのは一つずつ輪になっていて箱に詰めてある。そんなものが変に私の心を唆った。 それか・・・<梶井基次郎「檸檬」青空文庫>