出典:デジタル大辞泉(小学館)

[接助]

  1. 動詞・動詞型活用語の連用形に付く。二つの動作・状態が並行して行われる意を表す。「ラジオを聞き乍ら勉強する」「左右を見乍ら横断する」

    1. 「いといたうなげき―出 (い) で給ひぬ」〈落窪・三〉

  1. 名詞、動詞型活用語の連用形、形容詞型活用語の連体形などに付く。内容の矛盾する二つの事柄をつなぐ意を表す。…にもかかわらず。…ではあるが。「学生乍ら読書もしない」「知ってい乍ら答えない」「狭い乍らも楽しく暮らす」

    1. 「我が宿の物なり―桜花散るをばえこそとどめざりけれ」〈新古今・春下〉

  1. 体言、副詞、動詞型活用語の連用形などに付く。ある状態のままにある意を表す。…のまま。…のとおり。「昔乍らの街道」「い乍らにして手に取るようにわかる」

    1. 「源氏の五十余巻、ひつに入り―、…得て帰る心地のうれしさぞいみじきや」〈更級

  1. 体言・副詞などに付く。そろってそのまま、同じ状態にある意を表す。全部。…とも。それごと。「兄弟乍ら技師になる」「三回乍ら失敗した」

[補説]種々の語に付くが、概して、活用語に付くものは接続助詞、名詞・副詞などに付くものは「…の本質において」「…として」「…のまま」の意を表す。接尾語、または、副助詞と考えることもできる。中でも接尾語としての用法が古く、後に接続助詞としての用法が現れたという。同類の接続助詞に「つつ」があるが、近世以降は「ながら」が優位に立つようになった。