出典:デジタル大辞泉(小学館)

流れに棹をさして水の勢いに乗るように、物事が思いどおりに進行する。誤って、時流・大勢に逆らう意に用いることがある。


[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その発言は流れに棹さすものだ」を、「傾向に乗って、ある事柄の勢いを増すような行為をする」と「傾向に逆らって、ある事柄の勢いを失わせるような行為をする」の、どちらの意味だと思うかを尋ねたところ、次のような結果が出た。
 平成14年度調査平成18年度調査平成24年度調査
傾向に乗って、ある事柄の勢いを増すような行為をする
(本来の意味とされる)
12.4パーセント17.5パーセント23.4パーセント
傾向に逆らって、ある事柄の勢いを失わせるような行為をする
(本来の意味ではない)
63.6パーセント62.2パーセント59.4パーセント