出典:デジタル大辞泉(小学館)

神社本殿形式の一。切妻造り平入りで、屋根前面の流れが長く延びて向拝 (こうはい) となるもの。神社建築中では最も多く、平安時代にできたもので、宇治上神社が最古の例。