出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ラ下一][文]なが・る[ラ下二]
    1. ㋐液体がある方向へ道筋をなすように移動する。「川が―・れる」「潮が―・れる」

    2. ㋑水滴などが筋となって伝わり落ちる。「汗が―・れる」「涙が―・れる」

    3. ㋒液体の移動とともに動く。川の水などに運ばれて動く。「洪水で橋が―・れる」「氷山が―・れる」

  1. 川の水などが移動するように、連続してものが動く。

    1. ㋐空中を移動する。「霧が―・れる」「星が―・れる」

    2. ㋑経路を伝って移動する。「電流が―・れる」「渋滞で車が―・れない」

    3. ㋒伝わり広がる。「世間にうわさが―・れる」「怪情報が―・れる」

  1. 時間が経過する。「歳月が―・れる」

  1. 人が定まりなく移動する。「職を求めて土地から土地へ―・れる」

    1. ㋐本来の経路などから外れて動く。思いがけない方向へ行く。「他店へ客が―・れる」「砲弾が―・れる」

    2. ㋑押さえがきかないで思わず動いてしまう。「腰が―・れる」「筆が―・れる」

    3. ㋒人の態度などが、望ましくない方へ傾く。「怠惰に―・れる」「奢侈 (しゃし) に―・れる」

    1. ㋐予定されていた行事などが中止になる。物事が実現しないまま終わる。「会議が―・れる」「企画が―・れる」

    2. ㋑流産する。「おなかの子が―・れる」

  1. 一定の期限が過ぎて、質物の所有権がなくなる。「質草が―・れる」

  1. テレビの映像が乱れる。「画面が上下に―・れる」

[補説]作品名別項。→流れる