出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 物を薙ぎ切るための鎌。ないがま。

  1. 鎌に長柄をつけたもので、人馬の足などを薙ぎ払うための武器。ないがま。

    1. 「郎等下部まで、熊手―持ちて」〈盛衰記・三六〉

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉