出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 長い柄の先に反り返った長い刃をつけた武器。また、それを使う武術。平安後期の後三年の役のころから室町中期まで多く用いられた。戦国時代以後、槍 (やり) が多く用いられるようになり、江戸時代には主に女性の武具とされた。

  1. 長刀草履」の略。