出典:デジタル大辞泉(小学館)

シソ科の一年草。山地や道端に生え、高さ30~60センチ。葉は狭卵形で、対生。秋、太く長い穂を出し、淡紫色の唇形の小花が密生して咲く。漢方で地上部を香薷といい、浮腫 (ふしゅ) ・下痢などに用いる。

[生物/植物名]カテゴリの言葉