出典:デジタル大辞泉(小学館)

文語動詞の活用形式の一。語形が「死な・死に・死ぬ・死ぬる・死ぬれ・死ね」と五十音図ナ行のナ・ニ・ヌ・ネ四段の音で語形変化するが、連体形「死ぬる」・已然形「死ぬれ」の語尾が四段活用と異なるところから「変格」と称する。「死ぬ」「往ぬ」の二語がナ行変格活用に属する。現代共通語では「死ぬ」は五段活用に変化している。なお、「往(去)ぬ」は関西方言では使われている。ナ変。

[補説]6種の異なる活用形を持つ動詞はナ変以外にはなく、活用語に6活用形を立てるのはこのナ行変格活用を基準にしている。