出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 川原などで、二手に分かれて小石を投げ合い勝負を争う遊び。鎌倉時代に盛んで、多くの死傷者が出て禁止されたこともあったが、江戸末期には5月5日の男の子の遊びとなった。石合戦。印地打ち。 夏》「おもふ人にあたれ―のそら礫/嵐雪

  1. 石合戦を得意とした無頼の徒。

    1. 「土佐が勢百騎、白川の―五十人相語らひ」〈義経記・四〉