出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ラ四]嘆いても嘆ききれない。嘆きの思いがあふれて外に表れる。
  • 「―・り知らせそめつる言の葉も思ふばかりは言はれざりけり」〈千載・恋一〉