出典:デジタル大辞泉(小学館)

日本建築で、柱から柱へと水平に打ち付けた材。もとは柱を連結する構造材であったが、貫 (ぬき) が用いられるようになってから装飾化した。取り付ける位置によって、地長押・腰長押・内法 (うちのり) 長押・蟻壁 (ありかべ) 長押・天井長押などがある。

出典:青空文庫