なげ‐せん【投(げ)銭】例文一覧 1件

  1. ・・・「ええ、投銭、お手の内は頂きやせん、材あかしの本を売るのでげす、お求め下さいやし。」「ふむ……投銭は謝絶する、見識じゃな、本は幾干だ。」「五銭、」「何、」「へい、お立合にも申しておりやす。へい、ええ、ことの外音声を痛めて・・・<泉鏡花「露肆」青空文庫>