出典:デジタル大辞泉(小学館)

いわき市勿来町付近にあった古代の関所。常陸 (ひたち) 陸奥 (むつ) の国境にあり、白河の関念珠 (ねず) ヶ関とともに奥羽三関の一。はじめ菊多の関とよばれた。[歌枕]

「吹く風を―と思へども道も狭 (せ) に散る山桜かな」〈千載・春下〉

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉

[地理/日本地名/東北]カテゴリの言葉