出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「余波 (なごり) 」から》

  1. ある事柄が過ぎ去ったあとに、なおその気配や影響が残っていること。また、その気配や影響。余波 (よは) 。「台風の名残の高波」「古都の名残をとどめる」

  1. 人と別れるときに思い切れない気持ちが残ること。また、その気持ち。「尽きない名残」

  1. 物事の最後。終わり。「この世の名残」

    1. 「一期 (いちご) の―ぢゃと思うて清水へ参って」〈狂言記・武悪

  1. 亡くなった人をしのぶよすがとなるもの。忘れ形見。子孫。

    1. 「かの維時 (これとき) が―は、ひたすら民となりて」〈増鏡・新島守〉

  1. 病後のからだに残る影響。

    1. 「いと重くわづらひ給へれど、ことなる―残らず」〈・夕顔〉

  1. 残り。残余。

    1. 「弥生中の六日なれば花はいまだ―あり」〈平家・三〉

  1. 名残の折」「名残の茶」などの略。

出典:青空文庫

出典:gooニュース