なさ・る【為さる】例文一覧 1件

  1. ・・・これほどに吾家の母様の為さるのも、おまえのためにいいようにと思っていらっしゃるからだとお話があったわ。それだのに禽を見て独語を云ったりなんぞして、あんまりだよ。」と捲し立ててなおお浪の言わんとするを抑えつけて、「いいよ、そんなに云わ・・・<幸田露伴「雁坂越」青空文庫>