出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動マ五(四)]

  1. 人になれて親しくなる。また、物事や場所になれて親しみをもつ。「都会の生活に―・む」「土地の言葉に―・む」

  1. 味わいや調子などが一つに溶けあう。ほどよく調和する。「家風に―・む」「足に―・んだ靴」

  1. 同じ遊女のもとに通いなれる。なじみになる。

    1. 「はや四年も殿とは―・みまゐらせ」〈浮・一代女・三〉

[可能]なじめる

出典:青空文庫

出典:gooニュース