出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. ナス科の多年草。栽培上は一年草。葉は大きな楕円形。夏から秋、紫色の花を開く。実を食用とし、果皮はふつう紫黒色で光沢があり、形は品種によって丸いものや細長いものなどさまざま。インドの原産といわれる。なすび。 夏》「採る―の手籠 (てかご) にきゅアとなきにけり/蛇笏

[補説]ナス科の双子葉植物は、約2000種が熱帯から温帯に分布し、中南米に多く、ナス・トマトジャガイモタバコチョウセンアサガオハシリドコロなども含まれる。
  1. 茶の湯で用いる茶入れの一。丸形で口もとがすぼみ、中央がふくらんだ形のもの。