出典:デジタル大辞泉(小学館)

栃木県北部、那珂 (なか) 川と箒 (ほうき) 川とに挟まれた扇状地。明治以後、那須疎水が通じて開発が始まり、特に第二次大戦後に開拓農家が多く入植。

[地理/日本地名/関東]カテゴリの言葉