出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動マ五(四)]

  1. そのことに心がとらわれる。こだわる。執着する。「旧例に―・む」

    1. 「強ちに外形に―・みて総ての物類を描擬するにあらず」〈逍遥小説神髄

  1. 物事がはかばかしく進まないでいる。進むのに難渋する。とどこおる。「暮れ―・む空」「船が行き―・む」

  1. なじむ。なれ親しむ。

    1. 「滅多にいらっしゃらないから…本当には―・まないんだと」〈山本有三・波〉

  1. 悩み苦しむ。病む。

    1. 「この君―・みて泣きむつかり」〈・横笛〉

  1. 植物がしおれる。生気がなくなる。

    1. 「色づける葉の―・みて立てるを見れば」〈かげろふ・中〉

  1. ひたむきに思いを寄せる。執心する。

    1. 「おれが首だけ―・んでゐる」〈浄・冥途の飛脚