出典:デジタル大辞泉(小学館)

古今集仮名序の和歌の六義 (りくぎ) の一。物事になぞらえて詠んだ歌。漢詩の六義の「比」にあたる。なぞらえうた。

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉