出典:デジタル大辞泉(小学館)

なみだ。江戸時代、奴 (やっこ) などの間で用いられた語。

「心中がうれしくて、うら、―がこぼるる」〈浄・加増曽我〉