• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

なだれ【雪崩/傾れ/×頽れ】例文一覧 5件

  1. ・・・……後は一雪崩にずるずると屋敷町の私の内へ、辷り込まれるんだ、と吻と息をした。ところがまた、知ってる通り、あの一町場が、一方谷、一方覆被さった雑木林で、妙に真昼間も薄暗い、可厭な処じゃないか。」「名代な魔所でござります。」「何か知ら・・・<泉鏡花「朱日記」青空文庫>
  2. ・・・が、蔵前の煙突も、十二階も、睫毛に一眸の北の方、目の下、一雪崩に崕になって、崕下の、ごみごみした屋根を隔てて、日南の煎餅屋の小さな店が、油障子も覗かれる。 ト斜に、がッくりと窪んで暗い、崕と石垣の間の、遠く明神の裏の石段に続くのが、大蜈・・・<泉鏡花「売色鴨南蛮」青空文庫>
  3. ・・・……お社前の火事見物が、一雪崩になって遁げ下りました。森の奥から火を消すばかり冷たい風で、大蛇がさっと追ったようで、遁げた私は、野兎の飛んで落ちるように見えたということでございまして。 とこの趣を――お艶様、その御婦人に申しますと、――・・・<泉鏡花「眉かくしの霊」青空文庫>
  4. ・・・大仏次郎氏の近作「雪崩」などを見ても、読者が大仏氏に牽かれるのは、この作者のこの作者らしい人生観照の或る気分、現代のインテリゲンツィアの一部の人々がよかれあしかれ実際にもっており、或は扮装としてポーズしている知的情感的な或る気分の、文学的表・・・<宮本百合子「山本有三氏の境地」青空文庫>
  5. ・・・それで、とうとう学校が遅れて、着いてみたら、大雪を冠ったおれの教室は、雪崩でぺちゃんこに潰れて、中の生徒はみな死んでいました。もう少し僕が早かったら、僕も一緒でした。」 栖方は後で母にその小鳥の話をすると、そんな鳥なんかどこにもいなかっ・・・<横光利一「微笑」青空文庫>