なつ【夏】 の意味

  1. 四季の第二。の間で、日本では6・7・8月をいう。暦の上では立夏から立秋の前日まで(陰暦の4月から6月まで)をいい、天文学では夏至から秋分までをいう。一年中で最も高温・多湿で、日中が長い。 夏》「―真昼死は半眼に人を見る/蛇笏
  1. [補説]書名別項。→

なつ【夏】の慣用句

  1. 夏歌う者は冬泣く
    • 働ける夏に働かないで歌い暮らす者は、冬になって寒さと飢えに泣く。
  1. 夏掛く
    • 春から夏にまたがる。
      「池の藤波―・けてこれも御幸を待ち顔に」〈謡・大原御幸
  1. 夏の小袖
    • 小袖は冬着であるところから、時節外れで不用な物のたとえ。
  1. 夏は日向を行け冬は日陰を行け
    • 夏に暑い日向を、冬に寒い日陰を歩くように、あえてつらい道をゆくことで身体を鍛練せよ。また、道をゆずり、出すぎないようにせよということ。
  1. 夏も小袖