出典:デジタル大辞泉(小学館)

四季の第二。の間で、日本では6・7・8月をいう。暦の上では立夏から立秋の前日まで(陰暦の4月から6月まで)をいい、天文学では夏至から秋分までをいう。一年中で最も高温・多湿で、日中が長い。 夏》「―真昼死は半眼に人を見る/蛇笏

[補説]作品名別項。→