なつかし・む【懐かしむ】例文一覧 1件

  1. ・・・としみじみ言って、女はそぞろに過ぎ去った自分の春を懐かしむよう。「ははは、何だか馬鹿に年寄り染みたことを言うじゃねえか。お光さんなんざまだ女の盛りなんだもの、本当の面白いことはこれからさ」「いいえ、もうこんな年になっちゃだめだよ。そ・・・<小栗風葉「深川女房」青空文庫>