出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名・形動](スル)
  1. 古い習慣や方法などに従うばかりで、それを一向に改めようとしないこと。また、そのさま。

    1. 「―な財産家であろうと思うて軽蔑したのは」〈鉄腸・南洋の大波瀾〉

  1. 思い切りが悪く、ぐずぐずしていること。引っ込み思案なさま。

    1. 「なにを―しておるか。勉強して神速 (しんそく) にせい」〈魯文安愚楽鍋

出典:青空文庫