なつ‐ご【夏子/夏×仔】例文一覧 1件

  1. ・・・のであり、しかもこの頃は、一方で益々単純化されて来ているとともに練れて光沢を帯びたようなところが出来ている。そのような文章で描き出されている「愛と死」の夏子の愛くるしさは躍如としているし、その愛らしい妹への野々村の情愛、夏子を愛する村岡の率・・・<宮本百合子「「愛と死」」青空文庫>