出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名]夏に着る衣服。夏着 (なつぎ) 。 夏》「着馴れても折目正しや―/来山」
[枕]
  1. 夏衣は薄く、単衣 (ひとえ) であるところから、「うすし」「ひとへ」に掛かる。

    1. 「―うすくは更に思はぬを」〈続後拾遺・恋四〉

    2. 「―ひとへに西を思ふかな」〈新拾遺・釈教〉
  1. 夏衣を裁 (た) つ意から、「立つ」などに掛かる。

    1. 「―立ち別るべき今夜こそ」〈拾遺・別〉