出典:デジタル大辞泉(小学館)

トウダイグサ科の多年草。山地などに生え、高さ約30センチ。茎は紅色を帯び、切ると白い汁が出る。葉は先の丸い披針 (ひしん) 形で、互生するが、茎頂では5枚の葉を輪生する。6~7月、暗赤色の花が咲く。有毒であるが、根は薬用。