出典:デジタル大辞泉(小学館)

箏曲 (そうきょく) 。嘉永・安政(1848~1860)ごろ、2世吉沢検校が作曲した古今組の一。古今集の夏の部から4首を選んで歌詞としたもの。明治中期に松坂春栄が手事 (てごと) を作曲、挿入した。