なっぱ‐ふく【菜っ葉服】例文一覧 2件

  1. ・・・それでも、菜っ葉服を着て銀座裏のバアの前に立っている写真など、二、三枚あった筈ですが、いつのまにやら、無くなりました。ちっとも惜しい写真ではありません。 すったもんだの揚句は大病になって、やっと病院から出て千葉県の船橋の町はずれに小さい・・・<太宰治「小さいアルバム」青空文庫>
  2. ・・・船員が極り切って着ている、続きの菜っ葉服が、矢っ張り私の唯一の衣類であった。 私は半月余り前、フランテンの欧洲航路を終えて帰った許りの所だった。船は、ドックに入っていた。 私は大分飲んでいた。時は蒸し暑くて、埃っぽい七月下旬の夕方、・・・<葉山嘉樹「淫賣婦」青空文庫>