出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. ナデシコ科の多年草。山野に自生し、高さ約50センチ。葉は線形で白色を帯び、対生。夏から秋、淡紅色の花を開き、花びらの先は細く裂けている。秋の七草の一。とこなつ。かわらなでしこ。やまとなでしこ。 夏》「―や片陰できし夕薬師/一茶

  1. 襲 (かさね) の色目の名。表は紅梅、裏は青。一説に、表裏ともに紅色という。夏に用いる。なでしこがさね。

  1. 紋所の名。ナデシコの花と葉を取り合わせて図案化したもの。

  1. なでるようにかわいがっている子。いとしい子。愛児。歌などで、植物の「ナデシコ」と「撫でし子」を掛け詞にしていうことが多い。

    1. 「忘れ形見の―の、花やかなるべき身なれども」〈謡・生田敦盛〉

出典:青空文庫

出典:gooニュース