出典:デジタル大辞泉(小学館)

宮城県中南部を東流する川。奥羽山脈の二口峠付近に源を発し、仙台市と名取市の境で仙台湾に注ぐ。流域に秋保 (あきう) 温泉がある。[歌枕]
    1. 「陸奥 (みちのく) にありといふなる―なき名とりては苦しかりけり」〈古今・恋三〉

狂言。新米の僧が法衣に書いた法名を誤って名取川の水で消してしまうが、土地の者とのやりとりでその法名を思い出す。