出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「魚 (な) の子」の意で、魚卵の粒がつながっている形から》

  1. 彫金技法の一。先端が小円になった鏨 (たがね) を打ちこみ、金属の表面に細かい粒が密に置かれたようにみせるもの。一般に地文として用いる。ササン朝ペルシアから中国を経て奈良時代に日本に伝わった。

  1. 魚子織り」の略。

出典:青空文庫

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉

[生活/ファッション]カテゴリの言葉