出典:デジタル大辞泉(小学館)

数本ずつ並んだ縦糸と横糸を平織りにしたもので、織物の表面が魚卵のように粒だった絹織物。羽織地などに用い、京魚子・桐生 (きりゅう) 魚子などがある。