出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「なにがなし」とも》「何か1」に同じ。「夕方になると何か無し悲しくなる」

「子供等は―に嬉しそうに床に就いた」〈藤村新生