出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 何はともあれ。とにかく。何はさておき。

    1. 「馬鹿気た様なことを思って見たり、―上機嫌だったのだ」〈梶井・瀬山の話〉

  1. もちろん。

    1. 「『今日は一段の御機嫌でござる』『―、かやうに天下穏やかにして、めでたい折から、機嫌の悪からう子細がない』」〈虎明狂・鈍根草〉