出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名]数量、特に、金銭の額があまり多くないことを漠然と表す。「―かの金を寄付する」
[代]
  1. 不定称の指示代名詞。人・事物・場所などについて名などがはっきりしないことを表し、あるいはそれをぼかしたままに示す。どこそこ。だれそれ。何とかいう人・物。「鈴木―という男性」

    1. 「―の右馬四郎とかや云ふ者ありけり」〈沙石集・六〉

  1. 一人称の人代名詞。わたし。それがし。拙者。卑下した気持ちで用いる。

    1. 「―らが、私の君と思ひ申して、頂きになむ捧げて奉るべき」〈・玉鬘〉