出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名]
  1. 様づけで呼ばれるような身分の方。高貴な人。皮肉の意を込めて用いることが多い。「何様でもあるまいし、それくらい自分でやれ」

  1. 《「なにざま」とも》どんなようす。どのよう。

    1. 「かの尋ね出でたりけむや、―の人ぞ」〈・玉鬘〉

[副]いかにも。まったく。
    1. 「―近来に稀れなる一珍事なり」〈鉄腸・南洋の大波瀾〉

出典:青空文庫