出典:デジタル大辞泉(小学館)

[連語]《「なににもあれ」の音変化》なんであってもかまわない。どれと限らず。
  • 「彼はそのために―仕事のありしだい身を骨灰にして働いた」〈中勘助・菩提樹の蔭〉
「―、かにまれ、手にあたらん物を取りて」〈古本説話集・下〉