なに‐ぶん【何分】例文一覧 30件

  1. ・・・「が、身ども息のある内に、先生を御見かけ申し、何分願いたい一儀がござる。御聞き届け下さりょうか。」蘭袋は快く頷いた。すると甚太夫は途切れ途切れに、彼が瀬沼兵衛をつけ狙う敵打の仔細を話し出した。彼の声はかすかであったが、言葉は長物語の間にも、・・・<芥川竜之介「或敵打の話」青空文庫>
  2. ・・・ではさようなら。何分よろしく。編輯者 さようなら、御機嫌好う。<芥川竜之介「奇遇」青空文庫>
  3. ・・・では何分願います。どうも仙人と御医者様とは、どこか縁が近いような心もちが致して居りましたよ。」 何も知らない番頭は、しきりに御時宜を重ねながら、大喜びで帰りました。 医者は苦い顔をしたまま、その後を見送っていましたが、やがて女房に向・・・<芥川竜之介「仙人」青空文庫>
  4. ・・・三の烏 その事よ、血の酒に酔う前に、腹へ底を入れておく相談にはなるまいかな。何分にも空腹だ。二の烏 御同然に夜食前よ。俺も一先に心付いてはいるが、その人間はまだ食頃にはならぬと思う。念のために、面を見ろ。三羽の烏、ばさばさと・・・<泉鏡花「紅玉」青空文庫>
  5. ・・・ まさかとは思う……ことにその言った通り人恋しい折からなり、対手の僧形にも何分か気が許されて、 と二声ほど背後で呼んだ。」       五「物凄さも前に立つ。さあ、呼んだつもりの自分の声が、口へ出たか出んか分らな・・・<泉鏡花「朱日記」青空文庫>
  6. ・・・ 何分にも、十六七の食盛りが、毎日々々、三度の食事にがつがつしていた処へ、朝飯前とたとえにも言うのが、突落されるように嶮しい石段を下りたドン底の空腹さ。……天麩羅とも、蕎麦とも、焼芋とも、芬と塩煎餅の香しさがコンガリと鼻を突いて、袋を持・・・<泉鏡花「売色鴨南蛮」青空文庫>
  7. ・・・予は何分寝ようという気にならない。空腹なる人の未だ食事をとり得ない時の如く、痛く物足らぬ心の弱りに落ちつくことが出来ぬのである。 元気のない哀れな車夫が思い出される。此家の門を潜り入った時の寂しさが思い出される。それから予に不満を与えた・・・<伊藤左千夫「浜菊」青空文庫>
  8. ・・・ わたしの考えには深田の手前秋葉の手前あなたのお家にしてもわたしの家にしても、私ども二人が見すぼらしい暮しを近所にしておったでは、何分世間が悪いでしょう、して見れば二人はどうしても故郷を出退くほかないと思います。精しくはお目にかかっての・・・<伊藤左千夫「春の潮」青空文庫>
  9. ・・・ハマズマズ健康ニチカイ方デス文壇モ随分妙ナモノニナッタデハアリマセヌカ、才人ゾロイデ、豪傑ゾロイデ、イヤハヤ我々枯稿連ハ口ヲ出ス場所サエアリマセヌ、一ツ奮ッテナドト思ウコトノナイデモアリマセヌガ、何分オソロシサガ先ニ立チマスノデ、ツイツ・・・<内田魯庵「斎藤緑雨」青空文庫>
  10. ・・・私もね、実はもうこないだから、一度向うへ出向こう出向こうとそう思っちゃいるんですけど、ついどうも……何分病人を抱えてちっとも体が外せないものですからね」 言われて媼さんは始めて気がついたらしく、「まあ、私としたことが、自分の勝手なことば・・・<小栗風葉「深川女房」青空文庫>
  11. ・・・娘は終にその俳優の胤を宿して、女の子を産んだそうだが、何分にも、甚だしい難産であったので、三日目にはその生れた子も死に、娘もその後産後の日立が悪るかったので、これも日ならずして後から同じく死んでしまったとの事だ。こんな事のあったとは、彼は夢・・・<小山内薫「因果」青空文庫>
  12. ・・・が、何分取締りがきびしくて、朦朧も許されず、浮かぬ顔をして、一里八銭見当の俥を走らせていたらしかったが、さすがにいつまでもそんなことをしている気のなかった証拠には、……ここらあたり、「真相をあばく」も存外誤植がすくない故、手間を略いて、その・・・<織田作之助「勧善懲悪」青空文庫>
  13. ・・・ やっとこなと起かけてみたが、何分両脚の痛手だから、なかなか起られぬ。到底も無益だとグタリとなること二三度あって、さて辛うじて半身起上ったが、や、その痛いこと、覚えず泪ぐんだくらい。 と視ると頭の上は薄暗い空の一角。大きな星一ツに小・・・<著:ガールシンフセヴォロド・ミハイロヴィチ 訳:二葉亭四迷「四日間」青空文庫>
  14. ・・・露骨なところを申しあげれば、私には全部売払ったとしてもせいぜい往復の費用が出るかどうかという程度だろうと思いますがね、……これでは何分にも少しひどい」 いかに何でも奥州下んだりから商売の資本を作るつもりで、これだけの代物を提げてきたとい・・・<葛西善蔵「贋物」青空文庫>
  15. ・・・とした風邪でも独身者ならこそ商売もできないが女房がいれば世話もしてもらえる店で商売もできるというものだ、そうじゃアないか』と、もっともなる事を言われて、二十八歳の若者、これが普通ならば別に赤い顔もせず何分よろしくとまじめで頼まぬまでも笑顔で・・・<国木田独歩「置土産」青空文庫>
  16. ・・・そんなに背延びしてはずるいと言い出すものがありもっと頭を平らにしてなどと言うものがあって、家じゅうのものがみんなで大騒ぎしながら、だれが何分延びたというしるしを鉛筆で柱の上に記しつけて置いた。だれの戯れから始まったともなく、もう幾つとなく細・・・<島崎藤村「嵐」青空文庫>
  17. ・・・ その発火のもとは、病院の薬局や、学校の理化学室や、工場なぞの、薬品から火が出たのや、諸工場の工作ろや、家々のこんろなぞから来たものもありますが、そのほかにとび火も少くなかったようです。何分地震で屋根がこわれ落ちているところへ、どんどん・・・<鈴木三重吉「大震火災記」青空文庫>
  18. ・・・のでその前にも空はいくらかもう明るかったであろうから、ことによるといわゆる颱風眼の上層に雲のない区域が出来て、そこから空の曙光が洩れて下層の雨の柱でも照らしたのではないかという想像もされなくはないが、何分にも確実な観察の資料がないから何らの・・・<寺田寅彦「颱風雑俎」青空文庫>
  19. ・・・ふるえる手で当もなく手掛りのない扉の面を撫で廻しながら動物のような唸り声をつづけていた。何分くらいこの状態が続いたか分らないが自分には恐ろしく長いものに思われた。そのうちに軽い足音が廊下に聞えて浅利君が這入って来たので急いで呼びかけた。入口・・・<寺田寅彦「病中記」青空文庫>
  20. ・・・古くからいる女が僕等のテーブルにお民をつれてきて、何分宜しくと言って引合せたので、僕等は始めて其名を知ったわけである。始て見た時年は二十四五に見えたが、然しその後いくつだときいた時、お民は別に隠そうともせず二十六だと答えた。他の女給仕人のよ・・・<永井荷風「申訳」青空文庫>
  21. ・・・余はそれを通読するつもりで宅へ持って帰ったが、何分課業その他が忙がしいので段々延び延びになって、何時まで立っても目的を果し得なかった。ほど経て先生が、久しい前君に貸したベインの本は僕の先生の著作だから保存して置きたいから、もし読んでしまった・・・<夏目漱石「博士問題とマードック先生と余」青空文庫>
  22. ・・・僕かね、僕だってうんとあるのさ、けれども何分貧乏とひまがないから、篤行の君子を気取って描と首っ引きしているのだ。子供の時分には腕白者でけんかがすきで、よくアバレ者としかられた。あの穴八幡の坂をのぼってずっと行くと、源兵衛村のほうへ通う分岐道・・・<夏目漱石「僕の昔」青空文庫>
  23. ・・・姑必ずしも薄情ならず、其安産を祈るは実母と同様なれども、此処が骨肉微妙の天然にして、何分にも実母に非ざれば産婦の心を安んずるに足らず。また老人が長々病気のとき、其看病に実の子女と養子嫁と孰れかと言えば、骨肉の実子に勝る者はなかる可し。即ち親・・・<福沢諭吉「女大学評論」青空文庫>
  24. ・・・仮令い或は其一方が真実打解けて親まんとするも、先方の心に何か含む所あるか、又は含む所あらんと推察すれば、何分にも近づき難きが故に、俗に言う触らぬ神に祟なしの趣意に従い、一通りの会釈挨拶を奇麗にして、思う所の真面目をば胸の中に蔵め置くより外に・・・<福沢諭吉「新女大学」青空文庫>
  25. ・・・(青金で誰か申し上げたのはうちのことですが、何分汚ないし、いろいろ失礼 老人はわずかに腰をまげて道と並行にそのまま谷をさがった。五、六歩行くとそこにすぐ小さな柾屋があった。みちから一間ばかり低くなって蘆をこっちがわに塀のように編・・・<宮沢賢治「泉ある家」青空文庫>
  26. ・・・と云いながら、四方八方から、飛びかかりましたが、何分とのさまがえるは三十がえる力あるのですし、くさりかたびらは着ていますし、それにあまがえるはみんな舶来ウェスキーでひょろひょろしてますから、片っぱしからストンストンと投げつけられました。おし・・・<宮沢賢治「カイロ団長」青空文庫>
  27. ・・・材料を買って、時間を費して、大して美味くもないものを拵えて食べているより、モスクワでは既に出来ているが、大きな厨房工場、台所工場、そこで科学的に原料を調べて、この牛肉は何時に殺した肉だから、何時間後に何分煮て食べたら美味いかということまで調・・・<宮本百合子「ソヴェト・ロシアの素顔」青空文庫>
  28. ・・・ すると、二階の襖が開き、「じゃ、そんな訳ですから何分よろしゅう」と云う、錆びた中年の男の大きな声がした。その男が先に立って、どしどし階子を下りて来た。藍子は、二畳の敷居へはみ出していた座布団を体ごと引っぱって、顔を店の方へ向け・・・<宮本百合子「帆」青空文庫>
  29. ・・・「いずれまた伺います。何分宜しく。」「さようなら。」「さようなら。」 微笑の影が木村の顔を掠めて過ぎた。そしてあの用箪笥の上から、当分脚本は降りないのだと、心の中で思った。昔の木村なら、「あれはもう見ない事にしました」なんぞと云・・・<森鴎外「あそび」青空文庫>
  30. ・・・……」「ええ。」「私たちは出来るだけのことをやったのですが。……何分……」「どうも、いろいろ御迷惑をおかけしまして、」「いや……それから、もし御親戚の方々をお呼びなさいますなら、一時にどっと来られませんように。」「承知し・・・<横光利一「花園の思想」青空文庫>