出典:デジタル大辞泉(小学館)

上代、大阪市の上町台地の西側まで来ていた海域の古称。難波潟。[歌枕]

「―の蘆のかりねの一夜ゆゑみをつくしてや恋ひわたるべき」〈千載・恋三〉