出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. みょうしゅ(名主)

  1. 江戸時代、地方 (じかた) 三役の一。領主の下で村政を担当した村の長。主として関東での呼称で、関西では庄屋、東北では肝煎 (きもいり) と称した。

  1. 江戸時代、町役人の一。町奉行の支配のもと、町年寄の下で町政を担当した職。町名主。