出典:デジタル大辞泉(小学館)

《本来「な」は一人称。「ね」は敬愛の意を表す》親愛の気持ちを込めて相手を呼ぶ語。

「朝髪の思ひ乱れてかくばかり―が恋ふれそ夢 (いめ) に見えける」〈・七二四〉