出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. すぐれた香木。特に伽羅 (きゃら) をさす。めいぼく。

    1. 「灯の影かすかに―の匂ひほのかにして」〈浮・万金丹・五〉

  1. 俳諧で、楓 (かえで) ・柳など、名の知られた木。

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉