ナフキン例文一覧 2件

  1. ・・・親方がもうナフキンをかけて、ナイフをもって、舌なめずりして、お客さま方を待っていられます。」 二人は泣いて泣いて泣いて泣いて泣きました。 そのときうしろからいきなり、「わん、わん、ぐゎあ。」という声がして、あの白熊のような犬が二・・・<宮沢賢治「注文の多い料理店」青空文庫>
  2. ・・・ この時突然、店の庭先で太鼓がとどろいた、とんと物にかまわぬ人のほかは大方、跳り立って、戸口や窓のところに駆けて出た、口の中をもぐもぐさしたまま、手にナフキンを持ったままで。 役所の令丁がその太鼓を打ってしまったと思うと、キョトキョ・・・<著:モーパッサン ギ・ド 訳:国木田独歩「糸くず」青空文庫>