出典:デジタル大辞泉(小学館)

オブジェクト指向プログラミング言語において、特定の機能や役割をもたせたプログラム、あるいはオブジェクトの雛形である「クラス」に対し、プログラム実行時に作成される実際の値としてのデータを指す。